エコポイント制度の詳細

エコポイント制度が始まってから、まだそれほど年月はたっていません。エコポイント制度が始まったのは、2009年5月15日のことです。詳細が明らかになっていない部分もまだまだ多く存在しますが、省エネにつながるということで大きな期待がかけられている制度です。
エコポイント制度において決まっているのは、地球環境にやさしい電化製品を購入した際に付与されるポイントによって、何らかのサービスや商品と交換することができるというものです。具体的にどの商品と交換することができて、いつから交換することができるかということに関しても、徐々に決まってきています。
エコポイントは、グリーン家電という地球環境にやさしい家電に付与されます。グリーン家電は、今までの家電と比べて電力の消費量や二酸化炭素の排出量などがかなり少なくなっている家電です。グリーン家電を購入してたまったエコポイントは、地デジ対応型のテレビの購入に充てられるというケースが多いようで、これは政府の思惑どおりだと言えるでしょう。2011年に完全移行するということで、地デジ対応型のテレビはエコポイント使用の対象となっているものが多いようです。
エコポイント制度には国で2900億円もの予算が割り当てられているので、今後はグリーン家電の普及が進んでいくことが予想されます。
posted by エコポイント at 07:40 | エコポイント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エコポイントはマークで確認

エコポイント対象の製品には、青い楕円の中に緑色の文字で「エコポイント対象商品」というロゴマークがついています。家電量販店などで既に目にした方もいらっしゃるかもしれません。
現在、家電ではエアコン、地上デジタル放送対応テレビ、冷蔵庫がエコポイント対象製品となっていますが、それぞれ商品にはこのロゴマークがつけられ、購入の際に消費者が見てわかりやすいようになっています。
また、製品にはエコポイントとあわせて、統一省エネラベルというマークもあります。東京都が導入している省エネラベルと分けるため、統一の2文字を入れていますが、これは製品の省エネルギー度を5段階で表したもので、性能が高いほど多く星がつきます。メーカー名と機種名、省エネ基準達成率、年間の電力使用量のめやすも記されています。電気料金を含めて購入製品の検討ができるのは好都合です。
家電買い替えを促進するため、4つ星以上の基準か、もしくは同程度であれば対象に含めるとのことで、こちらは、約2000の商品が対象になるようです。
エコポイントは環境に配慮した省エネ製品が対象となりますので、このロゴマークと省エネラベルの内容をあわせて確認し、温暖化防止に役立つ製品選びをしたいものです。
posted by エコポイント at 14:12 | エコポイント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エコポイントをもらうには

エコポイント制度は付与されてからまだどのような手続きでどんな形で手に入るのかがわからず迷ってしまった人もすくなくないのではないでしょうか。
今後エコポイントがどのように使われるのかが分かった時にすぐに手続きができるようにまとめてしっかりと保存することをお勧めします。
最近では、家電量販店のスタッフもしくはサービスカウンターでエコポイントに対しての説明も行っているため、不安のある方は聞いて見てみてもいいかもしれません。
エコポイントの手続きに最低でも必要なものは、対象家電を購入した際に手に入る領収書や、どの店で購入したかわかるレシートを保管しておくといいでしょう。そして注意しないといけないのは領収書も期限があるということです。エコポイント付与開始の2009年5月15日から翌年の3月末までの物でないと対象とならないのです。(その後、延長されたのはご存知のとおりです。)
保証書もたまにいつ購入したのか明記されていないものがありますので、忘れずしっかりと購入した時点でスタッフに記入してもらいましょう。
また、エコポイントは購入だけではなくリサイクルした時点でもポイントは付与されます。ここで注意しないといけないのは、リサイクルしたという明確にわかる控えなどの書類が必要になるということです。
せっかくたまったエコポイント、損のないようにしっかりと保管しておきましょう。
posted by エコポイント at 08:12 | エコポイント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エコポイントを活用しよう

最近テレビや店頭などで目にすることの多くなったエコポイントというシステムは、どのような仕組みでなりたっているのでしょうか。
エコポイントとは、環境保護に配慮した省エネルギーの家電製品を購入すると得られるポイントのことです。
エコポイントは、商品の性能を表した「統一省エネラベル」で4つ星以上を獲得した「冷蔵庫」「地上デジタル対応テレビ」「エアコン」の3製品が対象となっていて、大きさや機能でもポイントがそれぞれ設定されています。購入のみならず、買い替え時の適切なリサイクルに対してもポイントが提供される形になっています。
家電の購入に対して提供されたエコポイントは、一定の手続きを踏めば、さらなる省エネ家電や、電子マネーなどに交換して利用が可能との見込みになっています。
政府がこの度正式に発足させたエコポイントですが、急ごしらえの感が否めず、消費者全てにそのシステムがいまだにきちんと理解されているとはいえないようです。家電量販店などでは買い物客に対し、店員があちこちでエコポイント制度の説明に追われています。
しかしこのシステムは、個人や家庭といった単位から身近な買い物を通して、CO2排出量を減らしたり温暖化対策に役立つという点で非常に注目されています。家電を買い替える際にはエコポイント制度を念頭にいれて行うとよいでしょう。
posted by エコポイント at 13:03 | エコポイント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。